アフターラック

日本人はお酒に弱い?

「日本人は欧米人に比べお酒に弱い」...こんな噂を耳にしたことありませんか?

 

 

これ実は本当なんです。

 

 

酒は百薬の長なんて言いますが、お酒に含まれているアルコールは人体にとっては「毒」となる成分です。

 

 

アルコールは体内に吸収されると肝臓でアセトアルデヒドという物質を経て最終的に酢酸に分解されます。

 

 

毒となるのはこの「アセトアルデヒド」という物質で、肝臓に含まれるアルコールをアセトアルデヒドに分解する酵素の量が日本人は欧米人に比べると少なく、その結果アルコールを分解するまでに時間を要することになるのです。

アセトアルデヒドの毒性について

アセトアルデヒドは毒性の強い物質で、二日酔い時の胸焼け、悪心、吐き気、頭痛、倦怠感、易疲労感を引き起こすとされています。また、神経を弛緩させる作用があるため、倦怠感が長時間持続します。

 

 

また、血液中のアセトアルデヒドは主に赤血球と結びついています。このため、アルコール濃度が高いうちは赤血球が劣化し、代謝にとって重要な酸素の運搬がうまく行かず、代謝活動や免疫系に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

 

更に、肝臓はアルコールを検知するとそれを分解するためにフル稼働するため、代謝活動に必要な他の物質の生成能力が一時的に落ち込みます。その結果各臓器内には老廃物やウィルスなどがとどまる事となり、臓器や器官を構成する細胞の劣化が進みます。

 

 

加えてアルコールの特性には高い脱水作用があるため、度数15以上のお酒は飲んだ量と同等の水分が失われていくと言われています。

 

 

飲み会の途中で尿意を感じると何度もトイレに行きたくなるのはこのためです。

 

 

尿が頻繁に出るというのはそれだけ腎臓にも負担がかかっていると言うことなので、お酒の飲み過ぎは健康にとって非常に深刻な悪影響を及ぼすリスクがあるのです。

 

これまでのアルコール対策製品とは違うアプローチなのが「アフターラック」!

これまでにもアルコール対策食品というのは数多く販売されていますが、その多くが肝臓の機能を向上させることを目的としたものや、血流を促進させてアルコールの代謝を早めるといった類いのものでした。

 

 

しかしこれから紹介する「アフターラック」はこれらのアルコール対策食品とは全く違うアプローチと言えるでしょう。

 

 

なぜなら「アフターラック」にはアルコールを直接分解する乳酸菌「N-zyme(エヌザイム)」とアセトアルデヒドを分解する酵素「ALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)」が配合されているからなんです!!

 

 

お酒に含まれているアルコールは小腸で吸収されていきます。

 

 

乳酸菌は腸内で働く善玉菌!だから、「アフターラック」をお酒を飲む前に飲んでおけば、吸収される前にN-zimeの働きによってアルコールが分解され、更ALDHによってアセトアルデヒドも分解されることで毒性が弱まるのでより確実に二日酔い予防や肝臓、腎臓への負担を軽減してくれるというわけです。

 

 

卒業、入学、入社式や人事異動にお花見とお酒を飲む機会が増える春先だからこそアフターラック習慣を始めてみませんか?

 

モニターの95%以上が効果を実感しているアルコール対策のサプリ!

お酒のアトが楽になるから「アフターラック」

 

 

遂に日本上陸!

 

 

肝機能を高めるだけの従来のサプリではありません!

 

 

アフターラックはアルコール、そしてアセトアルデヒドを直接分解する革新的サプリメントです!

 

 

アルコールそのものと、二日酔いの原因になるアセトアルデヒドを直接分解

 

アフターラックはアルコールを直接分解する乳酸菌N-zyme(エヌザイム)を含有した商品です。この乳酸菌N-zyme(エヌザイム)には、アルコール脱水素酵素(ADH)、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)が含まれており、アルコールによる肝臓の負担を軽減する役目を果たしてくれるのです。

 

 

日本人は二日酔いしやすい?!

 

日本人は外国人に比べ、体内にアルコール脱水素酵素(ADH)が少ないと言われています。もちろん、アフターラックにはその成分がしっかり入っています。

 

 

N-zyme(エヌザイム)とは?

 

N-zyme(エヌザイム)はマングローブの根から抽出した「なっとう菌」「乳酸菌」「酵母菌」などを含む微生物です。

 

 

この微生物は発酵をすると、消化酵素のアミラーゼや酸化物を還元するカタラーゼ、タンパク質を分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼなどを産生するのです。

 

 

乳酸菌パワー

 

N-zyme(エヌザイム)には様々な乳酸菌が含まれていますが、その中でも酢酸菌のアセトバクター菌はアルコールの分解、そして二日酔いの原因になるアセトアルデヒドの分解にとても優れていると言われています。

 

 

えっ?ウコンはだめなの?

二日酔いにはウコン、は今では常識の様に語られていますが、実は科学的なデータはまだまだ不十分なのです。

 

 

また、ウコンには鉄分が含まれていることが多く、肝障害を悪化させてしまう可能性も指摘されています。肝障害のある方はウコンは要注意と言っても過言ではないでしょう。

 

 

飲むタイミングは自由です。

 

飲む前でもOK。飲んでいる最中でもOK。飲んだ後でもOK。しかし、一番のおススメはやはり飲む前でしょう。

 

 

先行モニター満足度は何と95%以上。

 

 

日本中のお酒飲みさんからはこんな声もあがっています。

 

 

「二日酔いをまったく感じなかった。(最近、次の日に残りやすかったのですが)」
「目覚めが良かった!!」
「口臭まで消えていて驚いた」
「次の日が楽」

 

 

肝機能を強化するだけではなく、直接アルコールとアセトアルデヒドを分解するアフターラック!

 

 

全国の二日酔いさん!アフターラックでもう、頭痛も、吐き気も、だるさも、みーんなサヨウナラです。

 

従来のアルコール対策とは違う、身体にやさしいサプリです!

仕事の付き合いで断れないのがお酒のお付き合いです、でも、年齢を重ねていくにしたがって「ちょっと飲み過ぎてしまうと次の日がツラい」「一晩眠ってもスッキリしない」と感じることが多くなってくるのは仕方のないことです。

 

 

近頃は昔と違ってお酒に対する周囲の視線も厳しくなっているので、二日酔いのままで出勤していると、周りの人たちから白い目で見られることになってしまうかも。

 

 

いくら二日酔いで体調が悪くてもそのために仕事を休んではいられない、こんな人には、体内で直接アルコールを分解してくれて、気持ちよく目覚めることができる「アフターラック」がおすすめです。

 

 

アフターラックはその名前からも分かるように、お酒を飲んだ後のイヤな気分を楽にしてくれるサプリメントです。

 

 

もともとわたしたち日本人の体には、二日酔いの原因になる「アセトアルデヒド」という毒素を分解する酵素が不足していると言われています。

 

 

皆さんのまわりにも少量のお酒で顔が真っ赤になってしまう人がいると思いますが、お酒を飲む前でも飲んでいる時でも、手軽にサッと飲むことができるアフターラックで、悪酔いの苦しみから解放されてお酒を楽しく飲めるようになるでしょう。

 

乳酸菌エヌザイムがアルコールを直接分解してくれます!

しかし、社会に出て働いているとどうしても断れない飲み会や接待はつきものです、今日は飲むぞっ!という日にアフターラックを飲んでおけば、アルコールを分解効果が強力な乳酸菌や消化酵素の働きで、あの二日酔いのツラさをスッキリ解消することができるというわけですね。

 

 

アフターラックは、生命力の強い植物「マングローブ」の根から抽出した乳酸菌を原料にしているので、体内に入ったアルコールを化学的に分解するのではなく、もともとわたしたちの体が持っているアルコール分解機能を向上させてくれるサプリメントです。

 

 

しかも、アフターラックにはアルコールを分解するために必要な成分以外にも、体内の活性酸素を抑える働きをするビタミンCやビタミンA、またお酒を飲んだ翌朝の口臭を抑えてくれる亜鉛もバランス良く配合されています。

 

 

アフターラックはお酒を飲んだ後に飲むだけでなく、仕事で出張するために早起きしなければいけないときや、明日は大切なプレゼンがあるから気合を入れておきたい時にも、体調を回復させてシャキッとさせてくれる効果があります。

 

 

もちろん、お酒が大好きで毎日でも飲みたいという人には、アフターラックのアルコール分解効果を実感してみることをおすすめします、二日酔いの頭痛やモヤモヤから解放されて今まで以上にお酒の席が楽しくなるでしょう。